病棟について

病棟案内図

一般病棟(54床)

一般病床は急性期病床とも呼ばれ、医学的管理や看護が必要な患者が入院するための病床です。
当院では一般病棟入院基本料(10:1入院基本料)を届け出しております。

北館2階病棟 = 54床 (個室5室 2人部屋5室 特別室料差額[個室代]なし)

一般(急性期)病棟で、10:1の看護体制。救急入院に対応しています。

障害者施設等病棟(161床)

長期間にわたって集中的な医療を必要とする患者さんのためにトータルケアを実践する病棟です。重度の意識障害や脊髄損傷などの重度肢体不自由の方、神経難病などに罹患された方が主に入院対象となります。

北館3階病棟=56床(個室5室 特別室料差額[個室代]あり)

北館3階病棟=56床(個室5室 特別室料差額[個室代]あり)

南館病棟=51床(個室3室 特別室料差額[個室代]あり)

障害者施設等一般病棟で、15:1の看護体制。入院患者の70%以上が重度の肢体不自由者等の方。
入院期間は90日ですが、特定除外患者の入院期間制限はありません。

療養病棟(54床)

急性期医療の治療を終えて病状は比較的安定しているが、引き続き 医療提供の必要度が高く、病院での療養が継続的に必要な(慢性期の患者 さま)を対象に医療・看護・リハビリサービスを提供する病棟です。医療区分・ADL区分表をもとに対象となる方が入院して頂けます。

東館病棟=54床(個室3室 室料差額あり)

療養病棟で、20:1の看護体制。一般(急性期)病棟で治療を受けて病気のかかり始めやけがをした直後の症状が比較的激しい時期(急性期)を脱し、病気やけががある程度治った後も長期間の療養が必要な患者のための病床。